会社概要

社長よりご挨拶

平素は格別のご高配を賜りまして誠にありがとうございます。
私たちは、成長を続けるエレクトロニクス産業の一端を担って、モノづくりのお手伝いをしてまいりました。
そこで培った技術・ノウハウを実績として結実させるべく努力が、お客様からの信頼という弊社のかけがえのない財産となったことは、私たちの大きな誇りでもあります。
そこには、創業以来、一貫して唱え続けてきた“お客様第一”の精神が、相武の魂として息づいているものと信頼しております。
今、私たちは人類が過去に経験したことのないほどの大きな変革期を迎えています。経済のみならず、社会構造そのものが既存の価値観や想像を超えてた変化を遂げることを余儀なくされています。
今世紀は、国境を越えて地球規模で解決していかなければならない環境問題への対応を始めてとして、私たちの携わる製造業の在り方そのものまでもが問われ始めています。
このような時だからこそ、私たちは「お客様が求めるものは何か」新たな視点で問い直し、“相武の精神”を時代の求める“サービス・形”に変換させていくという使命に全力で傾注して参ります。
お客様の価値創造をサポートする真のパートナーとなるべく、弊社は常に新たな一歩を踏み出していきます。
今後共、一層の御支援、御指導の程を御願い申し上げまして御挨拶とさせて戴きます。

代表取締役 髙橋範雄

代表取締役 髙橋 範雄

概要 Corporate Data

・社名
株式会社 相武通信
・本社工場
神奈川県相模原市南区麻溝台7-16-4
tel:042-748-9520 fax:042-748-3819
・麻溝台工場
神奈川県相模原市南区麻溝台7-19-9
tel:042-748-0065 fax:042-748-7433
・設立
昭和48年9月
・資本金
5000万円
・事業内容
電子応用計測器製造、各種プリント基板表面実装、各種プリント基板組立
・代表者
代表取締役 髙橋 範雄
・取引先銀行
八千代銀行 相武台支店
静岡銀行 相模大野支店
商工中金 川崎支店
東京三菱UFJ銀行 町田支店 (順不同)
・主要取引先
優良企業多数
・主要所属団体
相模原商工会議所
相模原法人会

麻溝台工場

麻溝台工場

沿革 history

1973年 9月座間市相武台に、有限会社相武通信を設立、通信機器の製造開始
資本金50万円
1979年 5月リーダー電子株式会社のオシロスコープ製造開始
1981年11月資本金800万円に増資
1983年11月株式会社東芝日野工場の移動通信機器製造開始
1985年 3月資本金2000万円に増資
1985年 6月業務拡張に伴い、相模原市麻溝台に新社屋設立
1989年 9月座間市相武台から相模原市麻溝台へ本社移転。
商号を株式会社相武通信に変更
1989年10月SMTラインシステム(ヤマハ製)を導入。チップ部品の実装開始
1998年 4月資本金3000万円に増資
1999年 5月部品購買業務開始
2000年 9月ISO9001認証取得
2001年 7月工場の集約を目的とし、相模原市麻溝台の工場取得
2002年 5月麻溝台工場に高速マウンターシステム(シーメンス製)2ライン増設
2003年 2月相模原市、優良事業所表彰
2003年 3月ISO14001認証取得(麻溝台工場)
2003年 4月資本金4000万円に増資
2002年 5月麻溝台工場に高速マウンターシステム(シーメンス製)2ライン増設
2004年 9月麻溝台工場を増築(516坪)
2006年 4月資本金5000万円に増資
2011年11月相模原市、節電大賞受賞